上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
なんだか、みなさん「社員バー」に興味がありそうなので…
↓これが日中のカウンター。
閉まってます。
右端に写ってるのはワタクシですね(^^ゞ


で、↓これが開店中。
昨夜はバイトの兄ちゃんが二人いました。


わかってくれたかな?
スポンサーサイト

2007.01.28 
22日は棚卸しで残業_| ̄|○

終わったのが9時半。
まだ社員バーは営業中ってことで、店長他、売り場の人間達と飲む。
♂4人に♀が唯一管理人。(“女のおじさん”と呼ばれてるので、♀にすら分類されないかも(^^ゞ )

なんだかんだ話してて、「ほっぺにチュ~♪」の話になった。話のモトはダーバンの販売員(♂38歳既婚、子供有り)。

近くの席で飲んでた2F婦人服の男子社員の奥さんに、以前、酔っ払って「ほっぺにチュ~♪」されたらしい。

「ねぇ、それ、ワタシだったら、アンタ、殴るっしょ?( ^∀^)ワハハ!」と言った所、な、な、なんとウチの店長が「そりゃ、正当防衛だよなぁ~」と…。

・・・   ・・・。

悪いけど、爆笑した( ^∀^)ワハハ!

2007.01.25 
去年の話になるんだけど…。

その日は忘年会で帰宅は最終電車。
酒臭い(自分も)車両に乗り込み、空席に座る。
愛読書(マンガ)をバッグから取り出しおもむろに読む管理人。
隣の窓側に座ってる青年はどうも酔って居眠りしているらしく、だんだん管理人の方へ傾いては「ハッ!」と体勢を整えること何回か。
そのうち、あきらめたのか管理人の肩に頭を預けてくる始末(-_-メ)

「大丈夫ですか?」
「…!あ、すみません。飲みすぎちゃって///」

「そのマンガ、おもしろいですよね。」
(盗み読みしやがってたな(-_-メ))
「あぁ、コレ、子供のなんです。」と管理人。

しばしの沈黙。

突然、何を思ったか
「キスしてもいいですか?」

(゜д゜)ハァ?

「ダメですか?」

(ここでか?ってか、ここでなくても何で見ず知らずの酔っ払いと…)

「…アンタねぇ、いくつ?」
「28です。」
「お母さんはいくつ?」
「?50です。」
「…あのね、ワタシ、アンタよりアンタのお母さんの年に近いんだけどね?」
「…!!!えっ!?」

そっか、最近管理人は前髪が長いので、俯いてたら横顔は見えないのか。



「ここで降りるので…アンタは寝過ごさないように、コレ噛んでいきなさいね。」
と、ガムをやった。

ワタシの後姿に
「降りちゃうんですか~?飲みに行きましょうよぉ~」
まだ言うか!
「さいなら~( ・。・)ノ"」

次の日、休憩室で彼は「命知らず(?)な勇気ある青年」と爆笑されていた。

2007.01.23 
昨年は途中から失速いたしまして、放置状態に…(^^ゞ

今年はちゃんと管理していこうと思ってます。

皆様、よろしくお願いいたします<(_ _)>

2007.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。