上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
クラスで2人しかいないと言う「自転車に乗れない子」の内の一人が、何を隠そうウチのマイクロちゃんである(^^ゞ

リトルは幼稚園の年中さん(5歳)の時に、ワタクシが足を蹴り~のスパルタ(いまどき死語)で教えたんだが、どうも2人目になると、申し訳ないけど本当に全てにおいて何もかもが「おろそか」になる。

「自転車、教えなきゃな~( ̄- ̄)ノホホ~ン」とは常々思ってはいたのだが、先日リトルに「マイクロってばさ~、前に総合体育館まで着いて来たんだよ~。」と聞かされた。
総合体育館!!!???(←クリック!)
ウチからバス乗ってでも20分はかかるぞ~?!(ましてや徒歩でなんか、学校で"遠足"に指定されてる距離である(-_-;)
管理人「あんた達(リトル&友達)は自転車でしょ?マイクロは…まさか…走ってかぃ?」
リトル「うん♪すげー、根性あるぞ、マイクロ♪」

。。。(-_-メ)う~ん"根性"ね~…ってか…そんな問題でないな。


つーわけで、マイクロの「自転車の特訓」がにぎにぎしく、しかも突然に開催(?)された次第である。


夕ご飯の支度まではワタクシも参加していたのだが、それ以降はリトルにお任せである(^^ゞ


ゲームなんかでは、散々リトルに辛口をたたくマイクロだが、自転車に関してはリトルに一目置いているようで、なかなか素直にアドバイスを聞いている。
また、リトルの的確なアドバイス(「最初の一漕ぎを思いっきり!その後はとにかく両足とも休まずに漕げ!顔はまっすぐ前見なよ!危ないからね。」みたいなこととか)もなかなかのモノだ。

「ひとにモノを教える」と言う行為は、大人に限らず子供でも「出来る・出来ない」「上手・下手」ってあるんだな~。

明日も特訓は続くのであった。(まだ乗れない( ^∀^)ワハハ!)

スポンサーサイト

2006.04.29 
先ほど帰路に着く。

玄関のドアを開けるなり、焦げ臭い匂い充満(-_-;)

火事かと焦って「何!?何の臭い!?何焼いた?」と叫ぶ管理人。

上階からリトルが「ばぁちゃんがさ~、ポップコーン焦がしたんだよね~。」と叫ぶ。

…例のアレだ。(アレ部分クリック!)

作り方にもあるように、500Wのレンジで1分半~3分の所、10分も加熱したらしいじゃないの!
火事にならなくていかった!

一応、ばぁちゃんは子供等の期待に答えるべく作ったそうなのだが、私は言いました。リトルに。
説明文はキミが読め!」と。

帰宅から1時間半。
1Fと2Fの換気扇フル活動ですが、寒いっす(/Д`)
フリース着こんでます_| ̄|○

一晩中この状態になるでしょう。

昨日一日中喘息の発作で苦しんだワタクシ、管理人。
一日で2kg痩せましたが、明日にはさらに1kgくらい減ってるかと思われ…オエ~げほげほ~~~。

ポップコーンの夢見そうです。それも焦げたヤツ…( ̄_ ̄゜)キラリ・・・

明日はリトルとマイクロに(ばぁちゃんは教えても忘れるので)作り方を教えるつもりです。

本当はすごく簡単に( ゚д゚)ウマー♪なのが出来るのになぁ~。

2006.04.27 
K姐さんはあるショップの店長だ。
私のショップからレジを挟んで対面にあるので、接客の声こそ聞こえないが、姿は見える。

夕方、ボーッと売り場に立っていた私の目に入ったのは、外人のおっさんを接客しているK姐さんだった。

ブルーと紺のジャケットを代わる代わる試着している外人おっさん。
遠くから見ていてもブルーの方が断然似合っている。

しかし、何かのやり取りがあり、外人のおっさんは手ぶらで帰っていった。

後ほどK姐さんと話す機会があったので「さっきの外人、買って行かなかったの?あのブルーのジャケット、似合ってたのにね。」と言うとK姐さん「見てた?ぷぷぷ…面白かったんだよ~」と…。
以下、K姐さんから聞いた話。

外人「…これ、いくらデスか?」
K姐さん「26,000円ですよ。自宅で洗えるし、便利ですよ。」
外人「…今日は買わないネ。今度ネ。…そうそうメシくだサイ。」
K姐さん「メシ?腹減ってるの?」
外人「違いマス!違いマス!」と、両手の指を使って四角を作り、「メシネ、メシ。」
K姐さん「( ^∀^)ワハハ!メーシね。名刺。あのね、メシはご飯のこと、これ(名刺)はメーシって言うの。OK?」
外人「OH!メーシ!」
K姐さん「そ。わかった?じゃ、また今度、待ってますから。ありがとうございました。」

…アッパレである。

フロア内で「姐さん」と呼ばれるだけはある。

K姐さん、最後に「…ったく、私の名刺、どこかでヘンなことに使う気じゃないだろうねっ!」と言っていた。
私「どんな名刺さ?」
K姐さん「黒地に名前が白抜きで…」

デパートの販売員が持つような名刺じゃないだろう(-_-;)
それにそんなの怖くて使えないかも…。

本当にアッパレだ。

2006.04.20 


たまには「歯ごたえ」のあるものを…と「くるみクッキー」を作ってみました(⌒-⌒)

最初にくるみを煎るので、すごく香ばしい出来上がりです。

クッキーは30年ぶりに焼いたような気がするなぁ。

2006.04.19 


習字道具の点検をしていて見つけた。
きっと去年の秋の書写の時間に書いたものだと思われる。

これぞってな書だ。

字の上手い下手はともかく、下の魚が「秋刀魚」か「鮭」かどうか帰ってきたら聞いてみたい。

しかし、いいのか?
書写が「絵手紙」状態で…( ^∀^)ワハハ!

私は好きだけどね。

2006.04.18 


「ココアマフィン」です。
マフィン型がなかったので「キレイにできる目玉焼き型」(なんだそれ?なんでそんなモノが家にあるのか?)使用。
ほどよく甘く、外側サクサク中身はシットリで( ゚д゚)ウマー!です。

マイクロがお友達2名を連れてきたので、食べさせようと思ったら、そのうち一人の男の子が「ボク、牛乳と卵アレルギーだからお母さんがコレを…」とかっぱえびせんを差し出した。
(-_-;)…牛乳と卵…このマフィンにはバリバリ使用。

と、言うことで帰りに「牛乳と卵をバリバリ使用してますが、食べられる方がいたらどうぞ」とお手紙を書いて持たせることに。

食べ物のアレルギーはかわいそうだとつくづく…。

普段何気なく食べてるものも、この子にとっては「凶器」になるんだなぁ…。


2006.04.12 


今日はお休みだったので、作ってみました♪

ベーキングパウダーがちょっと足りなかったみたいで、思いのほか膨らまなかったのが残念。重曹ももう少し足したほうがいいのかなぁ。

でも、味と食感は近い(⌒-⌒)

もっとサックリしててもよかったようなので、次回ショートニングなんか加えてはどうなのかなぁ。
全粒粉が売ってなかったので、オートミールをすり鉢で粉状にして応戦!

あぁ、仕事にもこれだけの研究心と熱心さが欲しい。

2006.04.07 


携帯が逝っちゃった。

朝、出勤時に充電器からはずしてバッグに入れ、バス停で開いたらもうお亡くなりになってた(/Д`)
厳密に言うときっと夜中に逝ってたんだと思う。

だけど、なんでだよーっヽ(`Д´)ノ

昨日まで元気だったのに。

一応、明日docomoショップにこのまま安置していいものかどうか相談しに行こうっと。

たいして使ってないんだけど、ないと不便だよね~。

2006.04.06 
帰りの電車で。

通路を挟んで隣の座席に座っていた若い男女(付き合ってる風)の会話。

♂「そう言えば、さっき大事な話あるって言ってたけど何?オレと別れるとか?」」
♀「…ううん…」
♂「…?何?」
♀「…実は…お見合いしたの、ワタシ」
♂「…」
♀「…」
♂「…どこの誰と?」
♀「I市の29歳のヒト」
♂「いつ?」
♀「あんたの誕生日」
♂「!!!へっ?よりによって?」(妙にウケる私)
♀「…」
♂「で?結婚するの?」
♀「しようと思ってる」
♂「…」
かなりの沈黙ののち…
♀「だって、あんた結婚してくれないっしょ!」

最初は「ぷぷぷ…エイプリルフールなんだよな~。早く気づけよ!男~」とか思って聞くとはなしに聞いてたんだが(乗車中携帯のゲームをやりまくりな管理人)、最後の彼女の言葉に「決意と希望」を感じた。

ここで彼らの会話は終わったのだが、私と同じ駅で降りた彼ら。

先に車両を出た私の、ドア越しに見えた彼の顔は蒼白で引きつっていた。

彼女は「ウソ」じゃなく「ホント」の話をしたらしかった。

「引き止めるなら今日、ネタばらしも今日中に」とおばちゃんは思った。

駆け引きはどちらが優勢だったんだろう。

2006.04.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。