上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
クリスマスも近い。
子供達と行ったゲーセンも、なんだかクリスマス色になっていた。

最近、ムシキングとラブ&ベリーに加え、手持ちのたまごっちで通信できる「デカたま」(爆笑)にも付き合わされ、なんだか時間がかかる。
UFOキャッチャーで「のまネコ」でもゲットするか~と思いながら、ゲーセン内をうろつく私。
ふと見ると、神社の松ノ木にくくられたおみくじ様なモノをハケーン!

『サンタさんへの願いごと』

クリスマスは今やクリスチャンだけのものではなく、七夕まで織り込んでの「和洋折衷」状態
(-_-;)

そこには、絵馬か短冊のようにいろんな「願いごと」が…。

「マイクロも書いたの~♪これ、これ。」

…何なに?
「たまごっちがほしいです」…って、あんた、持ってるだろうが(-_-メ)
却下!
ふと、その斜め上の絵馬様のものに目が止まる管理人。



切実だなぁ・゚・(ノД`)・゚・。

どんな境遇の人にも、クリスマスはやってくる。

Merry X'mas!

しかし…
「ハーゲー ハーゲー こんなのヤーダー カーミーのー毛ーほーしーいー」
…って…書くか?普通。
( ^∀^)ワハハ!
スポンサーサイト

2005.11.30 
姉No.2(すちゃらか美容師)には、3人の子供がいる。
♀♀♂の組み合わせ(?)である。
ダンナ(私から見れば“義兄”)が、某実業団(今は無き○○乳業)のアイスホッケー選手だったので、子供達3人にも足元覚束ないほど小さな時から、アイスホッケーをさせていた。

真ん中の姪っ子は、小学校6年生でアイスホッケーは辞めたが、長女と長男は今も続けており、来年高校受験の長男は「アイスホッケーの盛んな土地(父親の出身地)の公立高校」か「札幌市内で唯一アイスホッケー部のある私立高校」への受験を決めかねている。
長女は姉No.2のあとを継ぐべく、2年間美容学校へ通い、来春国家試験が通れば、東京の大手美容室へと就職が決まっていた。
・・・がっ!
なんと、彼女はアイスホッケーの「全日本代表強化選手」に選ばれてしまったらしい。
それで、東京の美容室への内定を断ったと言うのだ。

いいんでないかい?

美容師は国家試験さえ通ってしまえば、なんとかできる。(だろう)

だけど、アイスホッケーと言う氷上の格闘技は、いつでもできるものじゃない。
若いからできるんである。

今晩、姉No.2とその子達が練習帰り、家に立ち寄った。

管理人「内定、断ったんだって?」
長女「…うん。」
管理人「いいんでない?40になってからアイスホッケーはできないっしょ。今だからできるんだって~。オリンピック出てくれ~。“姪っ子がオリンピック出るんだよね~♪”って自慢したいんだよね(*^^)v。」
長女「…(-_-;)」

ま、とにかくだ。(^_^;)

一芸(?)に秀でるってーのは、難しいし、誰でもそうなれるとは限らない。
努力したってダメなもんはダメだ。

要はそこに“センス”があるかないか…なのだろうと思う。

“センス”がないのに「頑張れ!」と言い続けるのは酷でしかないと思う。

だけど、それを試してみるには、やはり若いうちがいいと思うのだ。
“センス”って言うのは、元々ある程度持っていなければ「磨き上げられる」ものではない。
“センス”が元々ないものは、磨き上げても「そこそこ」のモノにしかならないと思うんだ。

今が自分を試すチャンスなのかもしれない。
人生でそう何回もないぞ、それ。

頑張れ~!姪っ子!

いつかスポーツニュースに出た暁には「叔母さん!幼稚園の送り迎えしてくれてありがとう!ほら!金メダルです!」って言ってくれ~(哀願

2005.11.26 
その「おばちゃん3人衆」は、まさしくそのものだった。

けたたましい笑い声、雷鳴のような話し声(つД`)

心の中で「近寄るな!来るな!」と思いながらも、いざ彼女らを目の前にして口をついて出る言葉は「いらっしゃいませ(^^)」_| ̄|○

ダウンのロングコートを手にし、「ほれ、これこれ!暖かそうだよ~」「こんなのさ、去年買ったんだけどさ、フードが浅すぎて着ないんだよね~、うちのお父さん。高かったのに。」「やっぱり着せてみないとダメだ~」
あの…私の商品説明、聞いてます?

そこへ、その中の一人が買い物をしたと思われる隣のショップの販売員Kちゃんが、「お待たせいたしました」と包みを持って登場。

「…何買ったんだ?よく接客したな~」と疑問を持つワタクシ。

怒涛のようにダウンのコートについてあれこれと好きなことを言い、結局「また、今度だ!」と去っていった。

それを見ていたチーフ、「…とら、買わないって、あのおばちゃん達。オレも接客したけど、接客にならなかった…。よくKちゃん、売ったよな~。何売ったか知らないけど。」と。

それからしばらくして、休憩から帰ってきたKちゃんを捕まえ「あの恐ろしいおばちゃんに何売ったの?」と聞くと、「ニットですぅ。一度接客して、まだ他を見てくるって言ったんだけど、戻ってきて買ってくれたんですよぉ(^^)」
「そうなんだ~。たいしたもんだね。」と私。

Kちゃんはショップ内へ戻った…次の瞬間!
「とらさ~ん!」
「なした?」
「こ、こ、これ!」

…そこには例のおばちゃんが買っていったと言うニットが…返品されていた。

あごはずれそうなKちゃん、うちのチーフ、私。

もう、笑うしかなかった。

おばちゃん達、もう、来ないでください<(_ _)>

2005.11.21 
10時開店の手前共の百貨店、早番が9時40分までに出勤してくる。
私はショップの販売員なので、掃除に時間がかかるため大体9時20分には売り場に入る。
9時30分くらいになると、今週の売り出しや社員販売のお知らせ、今日のお天気などの店内放送が流れる。

今日の開店前の店内放送のお天気…
「本日の札幌地方、お天気は晴れ、予想最高気温は20度です。」

掃除中のワタクシ、モップを滑らす手を止め「(゜Д゜)はぁ??

2度も言った。
確かに「予想最高気温は20度」だと。

出勤途中、なまら寒かったぞ~。
なのに20度まで上がるんかい!

これから春になるのか~?

9時40分からはフロア全体の朝礼が始まる。

その寸前!

「本日の札幌地方、お天気は晴れ、予想最高気温は6度

またしても2度言った。

おいおい…いくらお客様が入店してないとは言え、明らかに間違ったんだろうが?

「先ほどの訂正を…」とか「申し訳ございませんでした」とか言わないか?普通。

そんなことやらかすから、私、喜んじゃったじゃないか~♪

ようやく他所で拾ってきたこのマーク使える♪って。


間違ったら、まず、素直に謝れ!

2005.11.20 

いたよね~、こんな人達。
「修行するぞ!」のグルの居所(拘置所?)はわかるけど、あとの「最高ですかー!」や「スカラー波」の人達はどこでどうしてるんでしょ?

でもさ、この5人で何をやっつけるんでしょ?

助けてもほしくないと思うのは私だけ?

2005.11.17 


毎日、必要に迫られ仕方なくしている化粧であるが、昔からマスカラが好きだ。
それもゴッテリ塗れるタイプのものが大好きだ。
レブロン、ランコム、メイベリン、いろんなのを使ったが最近はコレがお気に入りである。
ロレアルのものであるが、下地までついていてブラシも大きく、それこそ一塗りでゴッテリつく。
メイベリンでも同じタイプのものが出ているが、悲しいことにウォータープルーフだ。
私はウォータープルーフは使わない。
あれは落とすときにオイルを使おうが、何を使おうがなかなか落ちない。
真っ黒のタヌキ目になるし、目の周りにそれが沈着してクマっぽくなるのもイヤだからだ。(オフの仕方がマズイのかも)

両方開けるとこんなんです。



これを使い出してから、お客様やレジの女の子やらに「どこのマスカラ使ってるの?黒々してて(゚∀゚)イイ!!! 」と言われること何度か。

みんな見てるのねぇ。

本当に一塗りでキレイにゴッテリ付く。
実を言うと三塗りくらいしたいのだが、もともと目が怖い(?)と言われてるので、売り場では一塗りで我慢している。
なかなかお気に入りに出会えないので、廃盤にならなきゃいいんだけど。



2005.11.15 


子供ネタが続いて大変申し訳ないが、最近、私個人の身の回りに特筆すべきことがないので、ご勘弁を…。

今日は「自由参観日」。
2時間目から4時間目まで、誰がどこの学年の参観をしてもいい日だ。

前々からマイクロが「生まれたときの様子を写真を貼るか絵に描いて~」と言っていたので、「ああ、これに使うのか」と参観日に教室で納得(遅っ!)
あてられた子たちは、「お母さんは、産むときは痛かったけど、生まれたらかわいくて、よかったと言っていました。」など発表。
読まれたお母さんが涙する場面も( ̄_ ̄゜)キラリ・・・

ほのぼのと1年生の性教育の授業は終わった。

そう!1年生は「せいきょういくを がんばる」(爆笑)のだ!

次の時間は4年生の「性教育」。
前の時間とは打って変わり、あまりの生々しさにちょっと引く(@Д@;
「成長ホルモン」まではよかったが、身体、特に「プライベートゾーン」と言われる各所の「ドイツ語」だか「ラテン語」の、いわゆる「正式名称」とか「医学用語」での連呼!
見せられたビデオでの「“チン毛”と呼ばず、“性毛”と呼びましょう!」に教室中爆笑。…するわな、そりゃ。

修学旅行前に女子だけ集められて話を聞いた、私達の時代とは雲泥の差である。
後で、その時間外や体育館でドッヂボールやソフトボールをさせられてた男子に「何よ?何の話だったのよ?」と問い詰められ、「何だっていいでしょーっ!」と言ってたあの頃。
そんな男子達もそれからどこでどう覚えたのか、今ではいいおっさんである。

正しい知識は確かに必要だ。
だが、家に帰ってきたリトルに「今日の性教育、ちゃんとわかったの?」と聞くと、「う~ん…あんまり。なんか…興味ないんだよね~」と。
…そんなのんきなこと言ってられるのは今だけだと思う。



2005.11.09 
マイクロは今日、学校で「さるるるる」を読んで非常に面白かったらしい。

管理人が仕事から帰ってくるなり「今日の本は面白かったんだよ~!“さる、出る”とか“さる、来る”とかさぁ~~~♪」
と「さるるるる」の話をしだした。

管理人「最後が“る”で終わる言葉ってまだ他にないかなぁ…」
マイクロ「さる、寝る」
管理人「さる、屁出る」(下品…( ̄_ ̄゜)キラリ・・・ )
ここで真打(?)登場
リトル「さる、貼る」

一同「貼る?」

リトル「サルンパス!」

もう、うちの毎日太郎は天才である。

今のうちならサインはただで差し上げよう!(ぉぃ…

2005.11.08 
リトルは毎朝学校で「漢字のミニテスト」とやらをやらされている。
10問の漢字の書き取りなのだが、点数のほかに「評価」が書かれている。
その絵が面白い。(絵は管理人が描きましたが、本当にこんな感じ)
「よくできました」がこれ↓


「もう少しです」がこれ↓


「がんばりましょう」がこれ↓


これらが、端っこに3つ書かれており、自分の漢字能力がどのくらいかを先生が○で囲んでくれている。

先生も大変であろうが、毎回見ていて楽しい♪

昔は花丸とかだったのにね~。
国旗立ってたくらいにして( ^∀^)ワハハ!

2005.11.07 
もう11月なんだね~。
早いなぁ。

最近「もすかう」にヤられました。
「マイアヒ」もよかったんだけど、今回の「おっさんですか?シャアですか?」がもうツボにはまっちゃって( ^∀^)ワハハ!

リトルが見つけてきたんだけど、私が仕事でいない間にPCで何見てんだか…(-_-;)

2005.11.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。